| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
モコモコしてて眠気を誘うはずなのに
0
    眠れる日と眠れない日があります。

    「眠れない時は、羊の数を数えるといいよ!」

    永遠の6歳児と呼ばれているわたしにレベルを合わせたアドバイス。

    羊の数を数えることにしました。

    目を瞑りながら、まずは羊のイメージを決めるところから。


    羊ってどんなだったっけ?
    スタンダードな白い羊とお顔が黒いサフォークの二択で一先ず(10分間くらい)迷う。

    で、何故かわたしが選んだ羊のデザインは白い羊なんだけれど、陶器で出来ているの。
    牧場の柵を天真爛漫にぴょんぴょん飛び越える羊たちを、
    「羊が一匹〜 羊が二匹〜…」って数えるつもりだったのに まかさの陶器!
    ぴょんぴょん動くと割れてしまいそうなので
    陶器の羊はソロ〜ソロ〜ってモソモソとちょっとずつ前進する。
    そこで面白くなって笑えてくる。

    軽快に進んでくれないと、一匹〜 二匹〜のリズムで数えられないんですけどぉ〜
    陶器の羊が危なっかしいので彼らのリズムに合わせてたら リズムがバラバラ笑
    何でわたしの方が羊に気を使ってるの!ははははは


    クスクス笑ってる場合じゃない。
    メェ〜 メェ〜と羊がたくさん増えてきて溜まり場になってきたよ。
    大量の羊、何でこんなに居るんだ?って疑問に思い始める。



    あぁ そうか。
    この羊たちはジンギスカンになるんだ!
    ラムチョップになる羊もいる。

    羊って可愛いのに、この牧場の主は赤ちゃんから育てて ある時期が来たら殺して出荷しなくちゃいけない。
    お仕事だからね。
    でもどんな気持ちなんだろう…
    めん羊牧場を実家に持つ子供たちはどんな気持ちになるんだろう…

    牧場主の顔を想像する。
    目尻のシワが優しそうなお父さん。

    (どんどん目が冴える)

    きっと娘さんとかいるんだ。
    美人な娘。
    東京の大学へ出して、卒業したらその子は銀行に就職する。
    間も無くして「パパ、わたし結婚したい人がいます。次の連休に彼と一緒に北海道へ帰ります」

    婿になる娘の彼氏を迎える日。
    父親はどんな服を着るのかな?
    会社員じゃないからさ、スーツとネクタイ姿が板につかない。
    ジャンパーかな? 何色の?



    もーー ちょっと…
    全く眠れないんですけどー!
    ぐるぐるぐるぐる色んな想像をしていたら
    朝が来てしまった。


    眠れない時は、羊の数を数えるといいよ!なんて最初に誰が言ったの?


    羊じゃない方がいいんだな。
    北海道に縁のない動物にしておこう。




    |14:48| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    曲線
    0
      眺めてた



      遥か彼方でもなく
      だからと言って 近い距離にもない 夕焼けの空に
      一羽の鳥が弧を描いて飛んでいる


      曲線と直線


      人から憧れや高揚を奪うのは
      曲線なんだろうか
      それとも直線なんだろうか

      曲線と直線が交わるあの一点に
      人は破滅へ引きずり込まれて行くのだろうか


      音を立てて 崩れていくものがあれば
      音を立てて 充実していくものもある



      どちらにも属さない あの夕焼けと
      弧を描いて飛ぶ鳥は

      破滅という言葉を知らない



      堕ちていく
      曲線を選びながら

      遠くもなく 近くもない 夕焼けの空に

      生温かい一羽の鳥が

      安定でもなく 不安定でもなく

      鳥と空にしかわからない粒子の中で


      ただただ夕焼けと溶け合って



      |16:47| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
      本文。ちょっとイライラするー笑
      0
        北海道全領域を停電パニックにした地震が起きてから丁度二週間が経ちました。
        地震があった当日、わたしはお仕事でライブペイントをする予定があり数日早めに帰札するはずでした。
        もちろんイベントはオール中止でした。
        新千歳空港が閉鎖(クリスマスのグループ展の時と同じだ…)
        二日様子を見てやっと帰ることが出来ました。
        チケットが変更出来たのは最終便のみで遅くに着いたのだけど、空港から札幌の中心部まで
        電力が消えて街灯だけがぽつーん ぽつーんと灯っている光景は不思議だったな。
        宮沢賢治の世界ってこんな感じなのかな?なんて呑気なこと思ってた。スイマセン。
        実家へ直行し翌々日の朝の便で東京へ戻ったので、およそ一日家族と過ごしただけでした。
        わたしも画材もトンボ帰り…

        バルザックは余震がくる度にベッドの下へ逃げてしまう。
        お顔がとても不安そう。
        かわいそうに 怖かったんだね。
        バルをぎゅーって抱きしめて、
        大丈夫だよ!絶対に守ってあげるから!なんて断言しておきながら、
        翌日にさっさと一人東京へ戻るという…
        口先だけの最悪なお母さん。

        でも、バルザックは絶対に大丈夫なの。
        わたしの猫だから。
        仔猫の時に誓った約束忘れてないもんね。
        お約束は破ってはいけません。


        地震のあった日の夕方 今回の地震に名前付いたな 何て読むんだ?って即聞かれたんだけど

        『 北海道胆振東部地震 』

        えーと、たんしん…??ごめん読めない。

        その後で合流した北海道出身者二人も読めないのよね。これでいぶりって読めないっしょ!
        キラキラネーム 読めなーい。


        もう!さっきから、“地震”とうってるのに何故か間違えて“詩人”と出てくる笑

        地震に遭う
        詩人に会う

        本質的に似てたりして。
        衝撃や動揺は同じかも。






        |13:54| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
        地震。
        0
          IMG_4067.jpg
          |13:50| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
          画像と文字が同時に送れない…?
          0
            久々のブログ更新です。こんにちは。
            トリノから一時帰国したお友達家族と会ったり
            ロンドンから旅行で来た友人と会ったり、
            部屋でちびっ子たちが絶叫しながら走り回ったりしていたら一ヶ月あっという間に経ってしまった。

            健康診断も終わったので土日はお酒も解禁でした。

            視力は右も左も1.5 レーシックのお陰です。
            視力落ちないなぁ… ありがたい

            採血はいつも怖くて手のひら汗でグシャグシャです。
            一応女子なのに血に弱い。


            で、わたしの大好きなコーナー! 血圧測定。
            書いてもいいの?

            上 94
            下 55

            でした。
            どうして血圧測定が好きかと言うと… 絵や物語に見えるからです。

            『 94
            55 』

            ↑スエードの茶色のジャケットを着て 真っ赤な靴下を履いている人物と
            足元では二匹(二尾?)の青魚が同じ方角を向いて泳いでいる絵 サバかな?ニシンかな?

            う〜〜ん 素敵ぃ!
            秋っぽいファッションがこのタイミングに丁度いい!
            そして青魚のお寿司食べたーい…ってこの数値見て思った。
            恐るべし共感覚の世界 どこまでも一人遊びが出来てしまいます。
            楽しそうっ!とか言われるけれど、お金払って手放せるなら手放したい。


            他人の血圧聞くのも大好きです。
            みんな教えてくれます。
            でも、あんまりこういうことを人に質問しないものだって どこかで聞いたけど
            好奇心が抑えられないのでつい尋ねてしまいます。
            人に聞かないというのはどうしてなのかな?
            バストのトップとアンダーいくつですか?みたいな印象なのかな笑?

            高めなのよ… って言われると「上800とかですか?」って聞いちゃうんですけど
            ブハハハハ そんなにないでしょ!って笑われる。
            死んじゃうから!って 。


            わたしの自己ベストというか一番気に入っていた数値は、

            上 75
            下 55

            ゾンビみたいにフラフラ歩いてた。
            食生活メチャメチャな時代だったから栄養失調だったのかな?
            朝昼クッキー 夜アルコール みたいな笑
            (今よりも全然痩せてた頃だけど…)


            「性能悪い、燃費悪い、この時代にお前だけハイブリッドじゃない」って
            チャップリンの映画 モダン・タイムスみたいなジェスチャー交えながらディスられたりしても
            何故か高血圧より低血圧でいたいわたし。
            起床して即スクワットとかしたくないじゃん?
            でも、そういう人って仕事出来るんだろうな… カッコイイ。
            吉田沙保里さんとか最高に素敵だもんね。
            わたしが男だったら、宮地兵庫より吉田沙保里の方が遥かに魅力的に思う。

            10年振りに会った友人に、太ったね!!!と言われたので 体重を戻そうと本気で思います。
            正直に指摘してくれてありがとう涙!















            |15:00| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
            血圧とダイエット。
            0
              IMG_3482.jpg
              |14:56| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
              インタビュー受けました
              0

                IMG_3667.jpg

                株式会社バァッファローのホームページのクリエイターを紹介するコーナーに
                わたしのインタビューが載りました。


                ひょんなことから知り合いになったDJでありシンガーソングライターのLAVAさんが
                奥さまとわたしの3月の個展に来てくれて今回のインタビューに至りました。
                色々と恥ずかしいですが、ご興味ありましたら覗いてください。
                それにしても動画見てビックリ!
                あんなに話し方トロい…??って色んな友達に聞いたら、
                「いつももっとゆっくり喋るよ!」って
                嘘?あれより遅いの…??
                じゃあもう、能の域じゃん?
                ブチ切れた時だけ早くなるけどね!だって。
                それは自覚あり。


                LAVAさんとスタバで待ち合わせしたのが12時。
                先ずはクリエイター行き着けのお店で取材!ということで、
                たまに行くカフェへ移動して〜 自分の話もしたけれど ほとんどLAVAさんの話にずっと大爆笑して。
                若い時にロンドンへ行ったという共通点もあってわたし達は親しくなったのだけれど、
                彼のガチ質問が「兵庫さんてホームレスしたことある?」って 「い、いや… ないです!」
                久っっっ々にぶっっ飛んだ人と知り合った!
                ハイドパークで寝泊まりしていた話。
                リス捕まえて焼いて食べてた話。
                帰りの航空券を燃やしちゃった話。
                日本の学校を退学になった理由。
                ロンドンでプロのDJになるまでの話。
                奥さまと出会って結婚に至るまでのクレイジーなエピソード。
                全てがぶっ飛んでいて わたし涙が出るだけ笑い続けました。
                明るい人って素晴らしい!と思った。


                ランチを終えてわたしのアトリエ兼自宅に移動して長いインタビュー。
                お願いだから立ち会って!と頼んで、近所に住んでいる友達のアートディレクターが来てくれました。
                彼はわたしの自慢の友達だから、LAVAさんと彼が盛り上がって話しているのをわたしは誇らしげに見つめながら、
                「いや、ちょっと… 
                二人がキャッキャ話しているのに時間取られたら わたしの動画やっつけになるよ…」って焦った笑。
                待ち合わせしてから5時間もあったのに!
                案の定、次の仕事であるパーティーへ嵐のように去って行ったLAVAさんはわたしのインタビューを一発録りで
                カメラ近いしさぁ〜 わたしキモいしさぁ〜
                最後の質問に何答えてるのか自分でもよくわかんないし〜 
                途中でシンちゃんの携帯鳴るしさぁ〜

                醜い言い訳だけどね。取り直したかったな。
                まぁ、いいのか。
                次はクレオパトラみたいな美人に生まれるって決めた。



                |04:10| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
                最高の7月だった
                0
                  IMG_3448.jpg
                  7月ももう終わりです。
                  楽し過ぎて、毎日が嬉しくてワクワクして あっという間に過ぎていったわたしの7月。
                  帰省したことが大きな理由かな。
                  いつもとっても楽しいんだけど、
                  こーんなに楽しい里帰りって今まであったかな??って
                  本気で思うほど 毎秒癒されたというか
                  呼吸が楽しくて嬉しくて 身体中の細胞の隅々まで
                  新しい酸素が送り込まれているような感覚でした。

                  次の仕事と制作の打ち合わせなんかを真面目に挟みながらも
                  友人のプレゼントで支笏湖へドライブに連れて行ってもらったり 青空の下でジンギスカンをしたり。
                  秋に一緒にライブペイントをやる可愛い女の子と小雨降る中 手を繋いでたこ焼き買いに行ったり。
                  都会の喧騒の中で暮らしていると やっぱり神経がすり減っているみたい。
                  特に今住んでる部屋はうるっさいから、実はイライラが積もってる…
                  耳栓して寝てるしね 禿げそうなの。
                  (あとどれ位で限界がくるかしら?)


                  ありがとう


                  会う人会う人、大事な人たち。
                  わたしの宝物。
                  欲張りだからもっと沢山の友達と会いたかったんだけどな
                  でもいつでも帰るし、いつでも会えるけん!

                  8月も予定がいっぱい。
                  暑さに負けてる暇ないっちゃ。


                  |23:41| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
                  手土産買いましたよ!
                  0
                    IMG_3386.jpg
                    銀座MITSUKOSHI
                    なかなか上手いこと言う。


                    「お前はいつになったら手土産を買って帰るんだ?」って言われます。

                    ママに何か買って帰る?って聞くんだけど、
                    元気な顔見せてくれるだけでいい!って言うんですもん。
                    それに母親のお仕事の関係でいつもお菓子をいっぱい頂いてる様子…
                    大抵食べきれないで余ってる。
                    わたしからお菓子要るの??


                    「 3回に1回は常識だ。」


                    そうなんだ… わかりました!

                    じゃあ逆に言えば、3度に一度お土産買って帰れば
                    一応は常識人だって思ってもらえるの?


                    簡単じゃん ありがたい



                    |13:01| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
                    五・七・五
                    0
                      IMG_2149.jpg
                      『 フォントをつまみに 一人酒
                      わたしが勤勉だって ほとんどの人が知らないんです( 字あまり )』


                      |02:11| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
                      | 1/31 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
                      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.