| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
死と乙女
0
    IMG_9425.JPG
    帰省の間、シアターキノさんへ行ってエゴン・シーレの伝記映画【死と乙女】を観ました。
    いつもお世話になっているキノさんにご挨拶したかったし、
    たまには映画館で映画を観たいなーと前より思っていたのです。
    わたしの大好きなエゴン・シーレとは 何てタイミングの良い事。
    12月のグループ展の時に海外で購入したシーレの画集をプレゼントしてくれたお友達に突如お誘いの電話をしました。

    時間が勿体ないという理由でもっぱら部屋でDVD派になってしまったわたしですが、
    やっぱり映画館で観る映画は格別です。
    DVDって「あー このくだり長いな」とか「ハイハイ この先のストーリー想像出来ちゃう」とか
    少しでも思うと躊躇なく早送りしてしまう。
    大して面白くないと思えばただ流しているだけでほとんど観ていないし、
    これは忍耐力の著しい低下なのか、大人になって多忙になったのか…

    映画を一緒に観てくれたお友達は仕事でもプライベートでも世界を飛び回っていて、
    特にシーレの出身国オーストリアに詳しく、シーレが生きた時代のこと
    ハプスブルク家のこと 沢山のことを教えてくれました。
    ススキノの美味しい焼き鳥屋さんに移動して、
    そのお友達がしてくれる知性溢れた会話に幸福を感じました。
    デカダンス… 久々に耳にしたよね。

    何だっけ?という人の為に【デカダンス】の説明を↓

    十九世紀末に起こった芸術の一派。
    病的な感受性を重んじ、唯美的で背徳的な傾向。
    非社会的で、倦怠におぼれた生活をすること。

    お友達に頂いた陶器のパレットは、日本画の画材だからパレットという呼び方はしないのかな。
    大切に使います。
    札幌にも早く春が来ますように。
    |01:21| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.hyo-go.jp/trackback/312
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.