| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
持論。
0
    IMG_2131.jpg
    『 アーティストが孤独と向き合わなくなったら、途端に作品が貧乏臭くなる。』

    これはわたしの持論です。


    東京に雪が降った日、
    表現する人はこぞって雪を題材に作品を作ってた。
    知り合いの絵描きさんが詩を発表していて、
    それを読んだわたしの感想は、

    「 何じゃこりゃ……
    この程度の詩を何故 他人に読ませたいのか…?」


    でも、彼が描く絵の世界とその詩の世界はきっと似てる。
    彼の絵は、色彩が洪水を起こしているし、
    初めからオーディエンスの同情を引く絵。
    明らかに悲しみを抱えている人にピッタリと寄り添う絵を描く。
    温かみに溢れ 小手先のテクニックで素人を黙らせる絵。
    特に女子供にモテる絵かな。

    ( キャーーー ごめん!!!)


    売れっ子のその作家さんのこと、全く嫌いじゃないし、
    わたしに無いものを沢山沢山持っている人だって素直に思うし、リスペクトもしています。
    美術で人のことを幸せにしているって素敵だと思う。


    初めてお会いした時、「 宮地さんの絵は、垢抜けてますね 」的なことを言ってもらったような記憶がある。
    引き算が上手ですね。
    僕は引き算の絵をなかなか描けないからなぁ…って社交辞令頂いたけど(ごめん、わたしが卑屈?)

    「 いえいえ… ありがとうございます」と恐縮しながら

    わたしは思った。

    「 あなたは足し算し過ぎなんだよ…」って

    足し算に逃げるのは、孤独と沈黙に弱い証拠。

    でも、こんな風に人のことを偉そうにジャッジしているわたしも
    もっと引き算を研究して、その感覚を掴んでいかなくちゃいけないの。


    同情を引かない絵を目指すのよ ホトトギス

    そして、ブログのダシに使うのに、人の事を悪く言っちゃいけないのよ ホトトギス


    わかってる ごめんなさい。
    嫌いじゃないんだって… タイプが違うだけ。

    |14:02| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.hyo-go.jp/trackback/358
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.