| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
誕生日がくる前に
0
    IMG_2022.jpg
    『告白』


    一度だけ。
    たったの一度だけ。

    わたしは境界線というものに
    興味を失った。

    太陽とわたしの境界線
    月とわたしの境い目
    草原とわたし
    雪原とわたし
    世界中のあらゆるものと
    わたしとの境界線。


    いつも探して
    確かめる。


    でも一度だけ。
    ただ一度。

    たまたま迷い込んだ森に
    黄色い小さな蛙がいた。
    育ちの良い黄色い蛙は礼儀正しくて
    わたしも礼儀正しくした。


    とても不思議な冬だった。
    最初はわからなかった。


    その蛙さんがわたしの手のひらにそっと乗って
    お話ししてくれた夜
    時折 強烈な赤を光らせながら
    限りなく柔らかいピンク色の雨が降り注ぎ
    わたしは言葉を失って 立ち尽くした。
    慌ててその蛙とわたしの境界線を探そうとしたけれど
    境い目が見つけられなくて
    探す理由もわからなかった。

    雨が止んで いつしか表が明るくなっていた頃
    よく知らない蛙さんの頭を 何よりも愛おしいものを
    大事そうに抱えて眠るわたしの両腕が永遠を望んでいた。

    39年の間に一度だけ。
    あの日がたったの一度だけ。
    境界線を見失った日。


    きっと一番 幸福だった日。
    溢れる涙を止められなかった日。


    遠い昔のことだったのか
    どこの国で起きたことなのか
    知っているのは わたしだけ。


    俯いたまつ毛の上に 傷ついた露の玉を乗せた
    冬が嫌いな蛙さんを

    心に重ねて
    新たに深呼吸して
    わたしはもっともっと優しい人間になれますようにと
    祈りと誓いを込めて
    元気いっぱいに生い茂った森を通り抜けよう。


    忘れない。
    |12:52| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    Comment








    お疲れさまです、5月13日号も読みました、多くは書けないので宜しく…です、あらためて 来たる お誕生日おめでとうございます(ありきたりで御免なさい…です) 今さらですが PINK FLOYD 1979年のアルバムThe Wallの1曲 Comfortably Numb を…プレゼントしたいと思います。いかがでしょうか?また宜しくお願いします。
    posted by 風乃68 | 2018/06/03 2:46 PM |
    風乃さん
    コメントありがとうございます。誕生日嫌ですねー PINK FLOYD?あんまり聴いてこなかったけれど ご指定の一曲聴いてみます!ありがとう。
    posted by 兵庫 | 2018/06/13 12:09 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.hyo-go.jp/trackback/378
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.