| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
本文。ちょっとイライラするー笑
0
    北海道全領域を停電パニックにした地震が起きてから丁度二週間が経ちました。
    地震があった当日、わたしはお仕事でライブペイントをする予定があり数日早めに帰札するはずでした。
    もちろんイベントはオール中止でした。
    新千歳空港が閉鎖(クリスマスのグループ展の時と同じだ…)
    二日様子を見てやっと帰ることが出来ました。
    チケットが変更出来たのは最終便のみで遅くに着いたのだけど、空港から札幌の中心部まで
    電力が消えて街灯だけがぽつーん ぽつーんと灯っている光景は不思議だったな。
    宮沢賢治の世界ってこんな感じなのかな?なんて呑気なこと思ってた。スイマセン。
    実家へ直行し翌々日の朝の便で東京へ戻ったので、およそ一日家族と過ごしただけでした。
    わたしも画材もトンボ帰り…

    バルザックは余震がくる度にベッドの下へ逃げてしまう。
    お顔がとても不安そう。
    かわいそうに 怖かったんだね。
    バルをぎゅーって抱きしめて、
    大丈夫だよ!絶対に守ってあげるから!なんて断言しておきながら、
    翌日にさっさと一人東京へ戻るという…
    口先だけの最悪なお母さん。

    でも、バルザックは絶対に大丈夫なの。
    わたしの猫だから。
    仔猫の時に誓った約束忘れてないもんね。
    お約束は破ってはいけません。


    地震のあった日の夕方 今回の地震に名前付いたな 何て読むんだ?って即聞かれたんだけど

    『 北海道胆振東部地震 』

    えーと、たんしん…??ごめん読めない。

    その後で合流した北海道出身者二人も読めないのよね。これでいぶりって読めないっしょ!
    キラキラネーム 読めなーい。


    もう!さっきから、“地震”とうってるのに何故か間違えて“詩人”と出てくる笑

    地震に遭う
    詩人に会う

    本質的に似てたりして。
    衝撃や動揺は同じかも。






    |13:54| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.hyo-go.jp/trackback/402
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.