| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
曲線
0
    眺めてた



    遥か彼方でもなく
    だからと言って 近い距離にもない 夕焼けの空に
    一羽の鳥が弧を描いて飛んでいる


    曲線と直線


    人から憧れや高揚を奪うのは
    曲線なんだろうか
    それとも直線なんだろうか

    曲線と直線が交わるあの一点に
    人は破滅へ引きずり込まれて行くのだろうか


    音を立てて 崩れていくものがあれば
    音を立てて 充実していくものもある



    どちらにも属さない あの夕焼けと
    弧を描いて飛ぶ鳥は

    破滅という言葉を知らない



    堕ちていく
    曲線を選びながら

    遠くもなく 近くもない 夕焼けの空に

    生温かい一羽の鳥が

    安定でもなく 不安定でもなく

    鳥と空にしかわからない粒子の中で


    ただただ夕焼けと溶け合って



    |16:47| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    Comment








    とても素敵とても素敵まポエムです。
    今まで読ませてもらった中で一番いいです。
    posted by MYARBO | 2018/10/06 6:24 PM |
    やはり視点が秀悦で素晴らしい詩ですね。
    直線と曲線…私はどちらが好きなのかなぁって自問自答。。。緩やかな曲線で上昇するのがいいなぁと、平凡すぎますね(笑)
    posted by Takarin | 2018/10/21 9:37 AM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.hyo-go.jp/trackback/407
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.