| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

宮地兵庫の共感覚の日々


Everyday-Life with synesthesia Hyogo Miyachi
モコモコしてて眠気を誘うはずなのに
0
    眠れる日と眠れない日があります。

    「眠れない時は、羊の数を数えるといいよ!」

    永遠の6歳児と呼ばれているわたしにレベルを合わせたアドバイス。

    羊の数を数えることにしました。

    目を瞑りながら、まずは羊のイメージを決めるところから。


    羊ってどんなだったっけ?
    スタンダードな白い羊とお顔が黒いサフォークの二択で一先ず(10分間くらい)迷う。

    で、何故かわたしが選んだ羊のデザインは白い羊なんだけれど、陶器で出来ているの。
    牧場の柵を天真爛漫にぴょんぴょん飛び越える羊たちを、
    「羊が一匹〜 羊が二匹〜…」って数えるつもりだったのに まかさの陶器!
    ぴょんぴょん動くと割れてしまいそうなので
    陶器の羊はソロ〜ソロ〜ってモソモソとちょっとずつ前進する。
    そこで面白くなって笑えてくる。

    軽快に進んでくれないと、一匹〜 二匹〜のリズムで数えられないんですけどぉ〜
    陶器の羊が危なっかしいので彼らのリズムに合わせてたら リズムがバラバラ笑
    何でわたしの方が羊に気を使ってるの!ははははは


    クスクス笑ってる場合じゃない。
    メェ〜 メェ〜と羊がたくさん増えてきて溜まり場になってきたよ。
    大量の羊、何でこんなに居るんだ?って疑問に思い始める。



    あぁ そうか。
    この羊たちはジンギスカンになるんだ!
    ラムチョップになる羊もいる。

    羊って可愛いのに、この牧場の主は赤ちゃんから育てて ある時期が来たら殺して出荷しなくちゃいけない。
    お仕事だからね。
    でもどんな気持ちなんだろう…
    めん羊牧場を実家に持つ子供たちはどんな気持ちになるんだろう…

    牧場主の顔を想像する。
    目尻のシワが優しそうなお父さん。

    (どんどん目が冴える)

    きっと娘さんとかいるんだ。
    美人な娘。
    東京の大学へ出して、卒業したらその子は銀行に就職する。
    間も無くして「パパ、わたし結婚したい人がいます。次の連休に彼と一緒に北海道へ帰ります」

    婿になる娘の彼氏を迎える日。
    父親はどんな服を着るのかな?
    会社員じゃないからさ、スーツとネクタイ姿が板につかない。
    ジャンパーかな? 何色の?



    もーー ちょっと…
    全く眠れないんですけどー!
    ぐるぐるぐるぐる色んな想像をしていたら
    朝が来てしまった。


    眠れない時は、羊の数を数えるといいよ!なんて最初に誰が言ったの?


    羊じゃない方がいいんだな。
    北海道に縁のない動物にしておこう。




    |14:48| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by hyo-go1 - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.hyo-go.jp/trackback/409
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.